2008年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.19 (Sat)

ゆっくり少しずつ・・・

前回書いた風太の習い事ですが、生徒の少ないコースに変更してからまだ数回なのですが、本当に目に見えて上達しています。

そして、全くやる気と自信がなかった風太とは別人のように、体力の限りに頑張っています。
最後の方、本当にヘトヘト、ヨレヨレなのです・・でも頑張ってる!!
やっぱり、ただやる気がなかったわけでも出来ないわけでもなかったんだね。

楽しそうに頑張る風太の顔に、鼻の奥がツーンとしてきちゃう、親ばかのハハなのでした・・



だけどやっぱり現実として、人が多いと集中できなくなるという問題はあるわけで・・
心配なのは、やっぱり小学校入学後・・です。

風太の性格として、分かると頑張って集中するのですが、分からなくなると途端に興味を失って注意力散漫になるところがあり・・

手始めに、入学後を目指して、毎日少しの時間でも、簡単な勉強をさせる習慣をつけるつもりでいます。
本当は、体操やピアノなども習わせたいくらいですが・・
う~ん、あれもこれもとはいきません・・


ひらがなや、簡単な計算は、私が教えていて、大分出来るようになってきました。
最近来た、しまじろうの「入学準備コース」の見本は、自分ひとりで全部やり、
「もっとやりたいから申し込んで!」
と出来た物を持ってきました。
前はほったらかしだったのに・・
少しずつ、分かる事が増えて楽しくなったのかな・・

正直、心配し始めたらキリがないとも言えるのですが・・
今は、工夫しながら出来る事を、楽しんでみたいです。

スポンサーサイト

テーマ : ママのひとりごと。 - ジャンル : 育児

10:47  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.12 (Sat)

苦痛にならない環境づくり

最近、風太の習い事が、すごく不調でした。
新しいコースになり、しばらくはそのせいもあるのかと思ってはいたのですが、そのうち慣れるかと思いきや、日を追うごとに態度はオドオドし、やる気はなく並ぶのも一番最後、自信がなさそうになっていくのです。

前のコースでは、うまい下手は別として、とても楽しそうだったのに・・

いったいどうしたんだろう・・
見ている私も、モヤモヤ、イライラし、

「自信を持ってやれば大丈夫なんだよ、どうしたの?」

と責めるような事を言ってしまいました。

風太はというと、

「なんか難しいの。分かんないんだよ」

と繰り返すばかり・・・・・・




分からない・・・って何が?
他のみんなと比べても、自信のなさ以外は、とりたてて劣っているとも思えないのに・・・

でもある日見ていて、ふと気がついたのです。

新しいコースは、前のコースに比べて生徒の数が増えた事。
それだけではなく、全体の人数も増えて、かなりざわざわした中で指導を受けている事・・・

もしかして、そのざわざわした環境が、私が思う以上に苦痛なのかも・・

それで思い切って、同じコースで人数の少ないクラスに、振り替えをしてみました。

すると・・・
表情がどんどん明るくなっていきます。
いつもはぼんやり聞き流している先生の話も、しっかり聞いているし、出来ないなりにやる気が感じられるのです。

終わって出てきた風太は、

「すごい楽しかった!これからずっとこっちで受ける!」

と言っていました。そして、

「今までのはさ、先生の話を聞こうと思うんだけど、周りの声がうるさくてよく聞けないんだよ。だから分かんなくなっちゃうんだよ。先生は大きな声で言ってくれるんだけど、ホントは小さな声で教えて欲しいかも・・」

と言うのです。
なんでそれを、私が聞いた時に言わないのよ・・って気もしたのですが、きっと比べてみて初めて、風太も気がついたのでしょうね・・


改めて、風太にあった環境を、考えさせられる機会となりました。
苦痛な環境を、何が辛いのかも分からずに、自分を発揮できないまま耐えているような事になったら、悲しすぎます。

無理なく自分を発揮できる環境があったら・・・
少しずつ、周りの人たちに、相談していく時期が来たような気がしています。


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

22:08  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.10 (Thu)

ママのお勉強

風太のひらがなの勉強は、去年の夏ごろからはじめました。
読みは、ほとんど大丈夫なのですが、書くのがなかなか出来るようになりません。
私も、本人にやる気がないなら無理強いはやめようと、あまり教えていませんでした。

出来ないくせに、自分流ばかり通そうとして、結局出来ないままになりがちな風太なのですが、冬休みに入り、ひらがなを書きたい、と訴えてきました。

そのときも、教えている途中で「自分流」の主張ばかりで進まず。
結局一度、私ががつんと叱る事になりました・・



そのときのお約束は、

「何を教えるかはママが決めます」
「風太の書きたい字からは教えません」
「前に書いた字をきちんと覚えるまでは、次の字は教えません」



そして最初は一日一文字。
次の日は、その一文字を覚えていたらもう一文字。
ワークも使わず、私の独断で決めた順番で、教えていました。
お勉強時間、5分くらい?

でも「継続は力なり」とはよく言ったもので、ワークをいくらやっても覚えなかった「書き」を、めきめきと覚えています。
書ける言葉が増えると自信にもなるようで、今はワークじゃなくて「ママのお勉強を毎日やりたい」と言うようになりました。
そして、覚えた言葉で簡単な単語を考え、「書けた!」と嬉しそうに見せてくれます。


自分流が通らないお勉強は、風太も我慢が要ったと思います。
でも、我慢の中から楽しみが生まれて、さらにそこから自信も生まれていくのを見ていると、私も嬉しい気持ちでいっぱいになります。

全部のひらがなを覚えたら、「自分流」に何をするのかな。
それもとっても楽しみです。


テーマ : ママのひとりごと。 - ジャンル : 育児

10:15  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.09 (Wed)

許す事は難しい

年明け、義実家との間に大きな事件がありました。

と言っても、その場では私自身は何も言い返さず、表立ってもめ事を起こしたわけではありません。

一度二度の間は私も、気にしないようにしていたのですが、とても耐えられないようなダメ押しがあり、堪えきれず夫にも話をしました。ここで詳しくは書きませんが、内容は、人の生死についての配慮のない言葉です。

夫は、義実家の配慮のなさ、心無い言葉は認めたものの、悪気でした事ではない、と理性的でした。

理性では、私も分かるのです。
でも、感情が耐え切れず、また夫を責めてしまいました。
私自身も夫も、この事で義実家に話をするつもりはないのです。
分からない人には、何を言っても分からないでしょうから・・
ただ、私だったら、同じ事を同じ状況で相手にするなんてとても出来ないような、全く配慮のかけらもない事を言われた辛さを、もっと夫に受け止めて欲しかったのかもしれません。


許すのって難しい。

義家族も、悪意でしたのではないのでしょう。
普段はいい人たちですから。
風太の事も、いつもかわいがってくれています。

それでも、私の心の中には、いまだに大きなしこりになって、「許せない」という思いが渦巻いています。

翌朝夫は、私のことが大好きだ、と言ってくれました。私の気持ちはよく分かる、と。
あんなに傷つけてしまったのに。
夫は何も悪くないのは、私もよくわかっているのに・・

大事なのは、今のこの家族。
それを考えて、夫と風太を大切にしていこうと思います。



テーマ : ママのひとりごと。 - ジャンル : 育児

09:57  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。