2008年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'02.13 (Wed)

今という時間への感謝の思い

このブログを始めたきっかけは、私の息子の風太が、発達障害があるかもしれない、と言われた事です。

認めたくない思いと、何かできることはないかという焦り、療育も診断も必要ないという・・そして専門家でも診断が分かれるなどの、はっきりしない事だらけの事態への苛立ち・・・そんな苦しい思いを吐き出す場所となっていました。

あれから、私も何度も苦しい気持ちを超えて、今はとても落ち着いた気持ちでいます。
障害があるのかないのか、私には分かりません。
でも、今のままの風太との生活を、大事に大事に、楽しんでいきたい。
そう思うようになっています。

それは、この一年の風太の成長も、大きく関係しています。
幼稚園でも、今は特に問題もなく、それどころか、仲の良い友達も何人も出来て、いつも楽しそうに過ごすようになっていました。
お互いに遊びの相談をしたり、言い争いになったり、じゃあどうするか交渉してみたり・・

そういえば、前に書いた習い事も、もう人の多いクラスでも全く大丈夫になりました。
少しの時間少人数のクラスでコツをつかみ、今ではまた人の多いクラスで楽しめるようになりました。

そんな姿を見ながら、嬉しい気持ちが波のように押し寄せてきます。

もしかしたら、またこの先に、問題が出てくるのかもしれない。
今はまだ分からないだけで、この先に障害がはっきりするのかもしれない。

でも、なんだか今この時への感謝の気持ちが、心の中いっぱいに広がっています。
先の事はわからないけど、今この時の幸せを、心に刻んでおきたい・・そんな気持ちです。


スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

22:50  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008'02.10 (Sun)

不思議だなぁと思う事・・

風太は、幼稚園男児にありがちな事に、私と一緒じゃない時の事を、あれこれ聞いてもあまり語りたがりません。

「どうだったかな~」
「忘れちゃったな~」

なんて具合で。ひどい時なんて、

「あ~もう、めんどくさいんだよね」

なんて言われちゃう・・この辺は夫とは正反対・・
まぁ風太も、すごく楽しかった事、悔しかった事なんかは、聞いてもいないのに生き生きと語ってくれますが・・

そんな風太が、思い出したように語り始めるのは、二人でお風呂に入っているときが多いです。2人並んで湯船につかって、ほ~っと和んでいると、

「あのね、今日ね~」

なんて話し始めるのです。
話す事は、今日幼稚園でやった事から、嬉しかった事、悲しかった事、色々です。
なのでこの時間は、私にとってもなんだか楽しい時間です。

そんな風太と今日も、湯船でまったりしていると、風太がまた話し始めました。

風「あのさ、不思議だなぁと思っていることがあるんだけどね」

私「うんうん、何?」

「なんで言葉ってあるのかなって」
「それと、なんで言葉が他の人に通じるのかなって」
「それで、なんで生きてるのかな、とかね・・・考えると、不思議なんだよ。」


あーそんなような事を、私も子供の頃に、考えた覚えがあるような・・・
でもそれって、少なくとも多分小学生の頃だったような・・
まだ年中の風太から、そんな言葉を聞くなんて、なんだか驚いてしまいました。

変なところだけ、大人びていたり、繊細だったりするんですよね・・
普段はおならだのチンチンだの言ってゲラゲラ笑っているくせに・・
子供って面白いなぁ・・



テーマ : ママのひとりごと。 - ジャンル : 育児

22:15  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'02.08 (Fri)

地球の家なき子

昨日、たまたまつけたテレビでやっていた番組に、風太が釘付けになってしまいました。

それは、「地球の家なき子・・忘れられた3億人の子供達」と言う番組の中で、上戸彩さんがモンゴルに行き、貧しさから捨てられた子供達と、その母親を訪ねるというものでした。

風太にとってはまず、子供が親のいないところで暮らしていると言う事が驚きで、しかも、その子にもお母さんがいる、という事にまた驚き・・

「なんであの子達はお母さんじゃない人と暮らしているの?」
「お母さんも、ちゃんといる子みたいだよ。なのになんでお母さんは子供と一緒にいてあげないの?」

と私に問いかけながら、夢中で見ていました。

あぁそういえば・・・
大分前に、「赤ちゃんポスト」が話題になったときも、こんな風だったなぁ・・
風太にとっては、お母さんが子供を捨てると言う事は、世界がひっくり返るような信じられない事なんでしょう・・

でもテレビを見ていくうちに、そのお母さんの家には電気も水道もなく、暮らしも貧しい事。
自分ひとりでも精一杯な暮らしである事・・
子供達が会いに来た時には、具合が悪くなって起きる事も出来ない・・

そんな光景に、いつしか風太は黙り込み、私の膝に乗ってきて、固まってしまいました。
そんな様子に、なんて自分勝手な母親だと思いつつも、つい

「ねぇ風太、風太は何も心配要らないんだよ。」

と声をかけてしまいました。
でも風太は、

「おれはそれは分かってるんだよ。でも・・・このテレビを見ていると悲しい気持ちになるんだよね」

と・・・・・

そうだよね、悲しい気持ちになるよね。
でも世界のどこかに、こんな風に悲しい生活をしている子供はいるんだよね・・

何の確約も出来ないであろう、あのお母さんに、子供達に約束をして欲しいと言って、一日だけ子供を連れて来るようなあのテレビの作りにも、なんだかやりきれない気持ちになったけれど、それじゃあ今私には何が出来るのか・・と言われたら言葉もない・・

そんな悲しい世界を風太も知り、自分以外の子供に、胸を痛めている・・

なんとも、言いようのない気持ちになります。


テーマ : 日々のつぶやき - ジャンル : 育児

13:17  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'02.06 (Wed)

大好きって言葉

遊んでいるときや、寝る前に、風太が急に言う時があります。

「ママ、大好き」

何で急に?どうしたの?なんて思うけど、やっぱり嬉しい・・
ふと気がつくと、私もたまに言ってるんですよね。

「かわいいなぁ、大好きだよ」なんて・・

最近は、憎まれ口も一人前で、私がそういってもフン!って態度の時もあったりするんだけど・・心のどこかでは、嬉しいなって思っているのかな・・

大好き、なんて、いつまで言ってくれるのかな。今の風太は、

「100歳くらいまで、ずっとだよ!」

なんて言っています。そんな事言った事さえ、恥ずかしくなる時がくるんだよね。

親ばか日記でした。

テーマ : ママのひとりごと。 - ジャンル : 育児

22:30  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'02.05 (Tue)

仲良しって難しい

いつの間にか風太は、幼稚園が大好きになっています。
気がつけば、気の合う友達も出来て・・

でも、子供同士も小さな社会・・
見ていると、なかなかに大変そうだなぁ・・という気持ちになります。
まぁ、子供は親ほどには気にしてないんですけど・・

私のイメージだと、子供、特に男の子は、その場のノリで、誰とでもワーワー遊ぶのかと思い込んでいたところがあるのですが、そうでもないんですよね。

小さいなりに、仲間意識もあり、無条件に「友達の友達は友達」なんてわけでもないみたい・・
自分が好きな子が、他の子と仲良くしていたら、ヤキモチを焼いたり、相手を押しのけようとしたり・・男の子でもそうなんですよね・・

風太は、そういうところがあんまりないんですよね・・
大好きなお友達はいるけれど、仲良く遊べるのなら、他の子がくるのも嬉しいタイプ。
気になる遊びがあったら、1人でもやってみたい。
私自身、仲良くしているママはいても、べったりグループで行動するタイプではないので、マイペースは私譲り・・?

でも最近は、男の子も女の子も、小さいうちから「自分の仲良し」がいないと不安なのかな・・?それって なんだかもったいない気もするんだけど・・
でもそういったら、親だって仲良しは大体決まってたりするし・・
全然普段しゃべった事のないママの子と風太が仲良くなって「家によびたい」って言ったら、少し戸惑うかも・・?グループになってるママさんは、誘いにくかったりするし・・

小学校になって、親に関係なく遊びに行くようになると、もう「そんなの関係ねぇ!」でしょうけど・・ね・・

なんだか何が言いたいのか、まとまらなくなってしまいました・・
みんな仲良く、って言っても難しいものですね・・

テーマ : ママのひとりごと。 - ジャンル : 育児

19:09  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'02.04 (Mon)

節分

昨日は節分でした。

どうやら、幼稚園で「節分とは」と詳しく教えてもらった様子の風太。
少し早めに豆まきもしてきたらしく、今年は節分をとても楽しみにしていました。

なので、うちでも豆まきをしました。
確か、去年も一昨年も豆まきをしたような?気もするのだけど、風太もいまいち分かっているのか分かっていないのか、ってな感じだったので、あまり盛り上がらなかったのです。

でも今年は、パパを鬼にして、とても盛り上がって豆まき出来ました。

なんか・・・
私の方が燃えてしまった気も・・
だって、旦那に豆をぶつけていいなんて、めったにあることでもないですもんね~

「悪いご(子)はいねぇが~」

とノリノリで現れたパパ鬼に、

「ぅおお鬼はぁ~外~!!!」

なんて気合をいれまくって豆を投げつけたら、あっという間に

「はい!鬼に投げるのは終了~!!」

のパパの声が・・残念・・
風太もキャアキャア笑いながら、パパ鬼に豆をまいて楽しかったようです。
あとは庭にも豆を巻き、3人で家の中にも豆をまき・・

最近は、体調を崩してばかりで、病院通いが癖になったような私・・
本当に、家族の健康という「福」がやってきますように・・

なんて祈っているうちに、パパと風太で豆を片付けてくれて、最後までありがた~い豆まきでした。

テーマ : ママのひとりごと。 - ジャンル : 育児

10:05  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。