2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'01.11 (Sun)

霜柱、ザクザク。

ああ・・・・3連休。
遠方への帰省で、すっかり懐が寂しくなった頃の、3連休。

風太は、そんな大人の事情で、この3連休はひっそりと過ごしています。

でも、どこにも出かけないわけにも行かず、一日目は科学館。体験なんかも出来て、意外なことに風太、かなり食いついていました。こんなに楽しんでくれるなら、県内の科学館、制覇してみようかな(笑)

そしてきょう、風太に「どこに行きたい?」って聞いたら、「公園」

ひえ~・・・・
雪はないんだけど、かなり寒い・・・
昼間でも、普通に道が凍ってる。
行きたくないなぁ・・・

でも、まぁ、思い切って、バッグにお茶とお菓子も詰め込んで、思いっきり厚着をして、普段は行かないような遠くの公園に出かけました。

わぁ・・・・意外にも人がいっぱい。
風太も元気に駆け回って、せっかくの厚着も脱ぎ捨てて。
足元は、霜柱いっぱいだけど、ザクザク駆け回ったら、あったかいんだね。
さすが、子供は風の子。

私?私は、ダウンのフードをかぶり、顔にはマスク、手袋もはめて、風太に

「おまわりさんに逮捕されそうな格好やめて!」

と怒られちゃいました・・だって、寒いんだよ~。

テーマ : 男の子育児 - ジャンル : 育児

18:11  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'01.07 (Wed)

疲れた義実家への帰省。

今年も新しく始まりました。
我が家もやっと、普段の生活に戻ってきました。

年末年始は、義実家に帰省していました。
もうホント、ストレスでいっぱいでした・・・

なんだかなぁと思う事ばかり。
所詮、風太とダンナが居心地よければそれでいいっていうのが、ひしひしと伝わってきます。
長いお休みは、全部来てくれっていうけどさ、私にだって実家はあるんだよ。
風太の悪いところは、全部私のせいだっていうけどさ、叱ったら「かわいそう」・・・叱らなきゃ、「甘やかして!」っていうくせに。

でも、そんな事はもう、どうでもいいのです。
だって帰って来たからね!
「ダンナと風太の好きな」物を、たくさんお土産にもらってね。
私が食べつくしてやる~。アハハ。

帰省中、ひとっかけの野菜も食べず、お菓子漬けになっていた風太ですが、すっかりいつものペースで、「野菜もおいしいよね」なんて食べてます。
そんなに母が怖い?




テーマ : ママのひとりごと。 - ジャンル : 育児

19:36  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.24 (Wed)

おじサンタ疑惑

今日24日の夜には、風太にはサンタさんがプレゼントを持ってくる。
ニヤニヤしながら眠りにつく風太。

「いいねぇ~、子供は。子供のうちに、いっぱいプレゼントをもらっておくといいよ」

なんて言ったら、風太は少し考えて、

「僕がさ、もういっぱい、いっぱいプレゼントもらっちゃって、欲しいものがなくなったら、その時はママの欲しいものをお願いしてあげるね。・・・・・今具合が悪いところが「一年間」治る薬とか。」

なんで一年間?
どうせなら一生治して欲しいですが・・・・

でも、その優しい気持ちは、ありがとうね。
サンタが君に、プレゼントを運んでくるのは、あと何回?
それまでは、なんでもかなえてくれる素敵な夢を、楽しんでね。


そういえば、風太。
サンタについては、そろそろ思うところがあるらしい。
数日前は、こんな事を言っていました。

「ねぇママ、本当はサンタさんは嘘なんじゃない?」

「え?どうして?(ドキッ)」

「ほら、あの、そりに乗って空を飛んでくるなんて嘘なんじゃないかと思うんだよ。
そんなわけ、ないと思うのね。

本当は、その辺のおじさんで・・・そりじゃなくて車で配ってるんだよ!」

なんかリアルだ!
想像しちゃったじゃないの。

ではそろそろ、「そのへんのおじさんサンタ」として、プレゼントの用意をしてこようと思います。


テーマ : 男の子育児 - ジャンル : 育児

23:16  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.15 (Mon)

不登校について思うこと

最近、ある掲示板で、「自分の子が不登校になったら・・」というスレを見かけました。

子供が小さいときは、ピンとこなかった話題でした。
私自身は、子供時代ひどいイジメにあった経験もなく、何度か転校もしたものの、不登校の経験も、願望もないまま大人になったので・・
そりゃもちろん、女の子同士のイザコザもあったし、行きたくないなぁって事もあったけど、そう深刻な事でもなく、まぁ良くある事?どまりでした。

でも、今になってみたら、不登校はまったく全然他人事じゃないと思います。
子供の世界は、どんどん厳しいものになって来ている気もするし・・・
それに伴う、ママ同士の世界だって、息苦しいところもあるのではないでしょうか。

実は私は、大人になってから、初めて分かりやすいいじめ(?)を体験しました。
それは、風太が幼稚園に入る前のこと・・・
私は風太をある幼児教室に通わせていました。

私自身も、その頃は、風太に自分の夢を押し付けていたのだと思います。
出来るだけの体験をさせて、早期教育も受けさせて、大きな大きな可能性を広げてあげたいと・・
でもその夢は、風太には苦痛でしかなかったんですよね。
風太は、その教室には全くもってなじめず、また私自身も、独特のその世界には、正直なじめませんでした。

そして、いつの頃からか、あるママが、私の顔を見ると、ものすごい顔で睨みつけるようになりました。そのママは、教室のママ達の中では中心人物で、それ以来、ほとんどのママが私を避けるようにもなりました。
理由は、全く分かりません。
分かりませんが、そのママとはほとんど話した事もないことを考えると、教室で風太が、何かそのママのお子さんにしたのかも・・とは思いました。
大人しく、賢い子ばかりの中で、育てにくい風太は、とても目立っていましたし・・

私の場合は、ただの幼児教室で、ずっと行かなければいけないわけでもなくて。
でも、生まれてはじめての集団無視は、すごい衝撃でした。
その場に行かなくては・・と思うだけで、ドキドキして苦しくなってくるようになり・・
なんだか、自分と言う存在全てを、周りの人みんなに否定されているような気持ちになっていました。
でも、風太のための、風太の通っている教室を、自分の感情でやめるなんて、という思いで、頑張らなくては・・と思い込んでいました。

別に、風太はちっともそこを好きじゃなかったのにね。

その後、幼稚園に行くようになって、私にも風太にも、見違えるようにたくさんのお友達が出来ました。その教室は辞めたけど、その頃大嫌いだった字や足し算の勉強も、今の風太は楽しんでやるようになりました。

あの頃のことを思い出すと、本当に不思議な気持ちになります。
いやなら、さっさとやめてよかったはずなのにって。

でもそれこそが、子供たちが苦しんでいる事でもあるのかもって思うんです。
「苦しいけど頑張らなくちゃ。」
「行かなくちゃ。」
そう思い込むことで、心も体もボロボロになるまで頑張り続けてしまう子供がいるんじゃないかって、思うのです。

「そこで」頑張らなくても、もっと自然に頑張れる場所が、もしかしたらあるんじゃないか。
不登校の子供が、「頑張りたくない」子なわけではないと思うのです。
だからといって、学校は行かなくてもいいところだ、って言っているわけではもちろんないんですけど・・

これも、きれいごとかもしれません。
もし風太が、不登校になったら、きっと私も、苦悩で眠れない夜を過ごすでしょう。

でも、「学校に行けないほどの」苦しみは、私には一喝して解決に至るとは、とても思えない気がするのです。

テーマ : ママのひとりごと。 - ジャンル : 育児

12:53  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.12 (Fri)

忙しくて忙しくて・・

さすが12月、というのか・・
毎日、目が回りそうな忙しさでした。

朝、風太を送ってから、お迎えギリギリまでバタバタと用をこなし、お迎え後も風太をつれてあちこちまわったり、そうじゃない日は子供同士遊ばせたり・・
暗くなって家に帰れば、ご飯、お風呂とあわただしく過ぎていきます。

働いているお母さんにしたら、当たり前の生活なのかもしれませんが、時々あまりの忙しさに、うんざりします。

しかも、夫はというと、私に輪をかけて忙しく、風太と顔を合わせる時間すらほとんどありません。
帰りも深夜なので、私がヘトヘトな状態で作った晩御飯さえ、手もつけない日も多くって・・
せめて、晩御飯はいらないって言ってくれれば、風太と2人、手抜きの晩御飯でゆっくりするのに・・

自分に余裕がないと、まわりの色んな事に、イライラするのです。

深夜に帰ってきた夫が、無言でテレビばかり見つめている事や。
やっと家事が終わって、疲れ果ててる私に、当然みたいに「肩もんで」って言ったりとか。
用事が立て込んでいるので、朝1時間早く起きて家事をしていたら、急に夫が自分も早く行くから朝めし、と当然のような態度だったりとか・・・

きっと夫も、余裕がない状態で、

掃除が行き届かない部屋とか、疲れてイラついた私の顔とかに、不満がいっぱいなんだろうなぁ・・




今日は、久しぶりに何もない日。
たくさん掃除して、のんびり過ごして、おいしいコーヒーを飲みながら、久しぶりに好きな事をしたいです。

テーマ : ママのひとりごと。 - ジャンル : 育児

09:16  |  日々の事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。